小学5年生女子4人のおメガネにかなう映画は…

小学4年生だった娘も4月を迎え、5年生になった。

春休み最後の日曜日。友だち3人も連れて、映画を観に出かけた。

前回、観たい映画の上演時間が遅くてあきらめた。その後、映画を再び選ぼうとしたがなかなか決まらなかった。

今回やっと全員の意見が一致して行くことになった。

彼女たちのおメガネにあった映画は、

【ひるなかの流星】

ひるなかの流星

小学5年生には、ちょっとお姉さんな内容だが、かなりおもしろかったようだ。

会場内にいるのは、中学生、高校生が主だった。圧倒的に女子が多いが、男子のグループも中にはいて、ちょっとびっくりした。

少女漫画とか、主演の女優永野芽郁のファンなのか?

わたくし、おばちゃんとして、何がおもしろかったといえば、壁ドンやヅカ抱き、胸キュンシーンが満載なのだが、その度に会場内の皆が、

『キャアー』『エー』

心の声があふれ出て、皆が一体となって、共感し合っていたところ。

アッ。ヅカ抱きって、わかりますか?

男性が女性を後ろから抱きしめることです。詳しくは、こちら

映画の良さって、これだよな、とあらためて思う、おばちゃんでした。

ところで主人公は、恋した先生を選ぶのか、それとも恋された同級生を選ぶのか?

結末には、皆、同感、納得、スッキリでした〜。

この記事を書いた人

denim

denim

☆プロフィール☆
ブログを読んでいただいて、ありがとうございます。
denimです。
ずっとワーキングママをしていて、最近やっと自分の時間ができるようになり、好きなことをしています。
ブログもテーマは特に決めず、好きなことを書いています。
最近はBTSと韓国に興味津々。
日々自分らしく、自分のペースで楽しんでいきましょう❣
もうひとつブログを運営しているの、よろしかったら見てください。