閉じる
閉じる
閉じる
  1. 最近の新大久保の楽しみ方    〜カフェでカップホルダーをもらう   …
  2. VT×BTS の香水〜ドン・キホーテ
  3. 年末年始の過ごし方〜横浜からの富士山〜
  4. 2019 BTS POP-UP in SHIBUYA & M…
  5. BTS ファンミーティング『MAGIC SHOP』💕 …
  6. 当選‼️ TWICE、サイン入りCD&#x…
  7. ネックスピーカー
  8. 今年もシャインマスカット❣️
  9. BTS 長期休暇後はBon Voyageの撮影⁉️
  10. 『小さなダカフェ日記写真展』に行って来ました❣️
閉じる

わくわくデニム

巫女さんの着付け

先週の宮神輿渡御の際、娘が巫女さんになった。

12年に一回、町内会に回ってくる巫女さん役。貴重な体験なのでお引き受けした。

神輿渡御の1週間前、着付けの練習をした。

借りた衣装は、

  • 白衣

  • 千早(ちはや)

  • 簪(かんざし)

  • 草履(ぞうり)

の5点だ。

着付けは思ったよりも簡単だった。

①白衣を着る

②袴を履く

・前から先に腰紐を後ろに回して蝶結びをする。

・後ろのフックを先ほど結わいた紐に引っかける。

腰紐を一度前で交差させて、一周させて前で蝶結びする。その時、紐の一方を交差させた下を通す。

・袴が履けました。

・千早を羽織り、ひもを結わく。その時、普通の蝶結びだとすぐに取れてしまうので、両端を輪っかにして、固結びをするとよい。重なりが右上にならないよう、気をつける。

・髪型は後ろに低めのポニーテール。

・榊(さかき)を持って出来上がり。

年齢は決まっていないようだが、残暑の強い陽射しの中、かなりの距離を歩くので、小学低学年では厳しく、小学高学年〜中学生が毎回巫女さんになっているよう。

子どもがちょうど良い年齢(小学5年生)で巫女さんの当番が回ってきたことはとても運が良かった。隣で一緒に歩いているお友だちは中学1年生。部活があって、一度は断ったようだ。

我が家もそうだが、本人が巫女さんをすごくやりたがった訳ではない。どちらかと言うと、親の方が、子どもの巫女さん姿が見たくて、頼んだ形だ。

隣のお友だちとは歳は2つ違いだが、背の高さは同じくらい。でも、歩く姿がまったく違う。

見られているという意識の違いなのか、集中力や体力の差なのか、5年生の我が子はダラダラ歩いたり、神主さんを抜かしそうになるほど早く歩いたりするので、ヒヤヒヤした。

娘にとっても、親にとっても、夏の良い思い出となった。

The following two tabs change content below.
デニム

デニム

☆プロフィール☆ デニム。職業は保育士。産休、育休をもらい、3人の子どもを育てながら続けてきた。自分の子どもと接する時間が短く『これでイイの⁈』と思いながら働く。保育園内での立場も変わっていく中で悩みも多く、『もっと違う事も勉強したい』『色々な人と話したい』『自分の好きな事を好きなだけしてみたい』『センスの良いオシャレな暮らしをしたい』『もっと自由な時間を手に入れながら生活するには、どうしたらいいのだろう』などと考え、勝間塾に入塾。ブログとも出会う。インプットと同じくらいアウトプットも大事だと学ぶ。子どものこと、食べ物のこと、ファッションのこと、大ファンのNEWSのこと、などを書いています。応援よろしくお願いします。

関連記事

  1. 広島2日目〜宮島・厳島神社・原爆ドーム・平和記念資料館

  2. 最近のうれしいニュース❗️

  3. 自動車合宿免許

  4. 小学5年生女子4人のおメガネにかなう映画は…

  5. 身長の話

  6. 娘たちの日曜日

ページ上部へ戻る